[PR]

 名古屋市で20日に開かれる第67回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部に、常総学院高(土浦市)が東関東代表として出場する。8年ぶりの金賞をめざし、本番目前の練習に熱がこもっている。

 練習会場の音楽室を訪ねると、生徒たちの「アー」という明るい歌声が聞こえてきた。全員で声を出し、和音をつくる練習だ。キーを押せば音が出るピアノやオルガンと異なり、吹奏楽の楽器は自分で音程をつくらなければならない。

 「楽器も声も音程の基本は同じです。より正確な音程感を身につけるため、今年から採り入れました」

 同校の音楽教師で指揮者を務め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース