[PR]

 大型で非常に強い台風19号は12日午後、県内に最接近した。漁港で被害が発生、交通機関の運休や停電も相次ぎ、市民生活に影響が出た。

 県内全域に暴風警報が発令された。12日夕方の集計では、串本町潮岬で午後3時40分ごろに29・3メートルの最大瞬間風速を記録。日高川町や新宮市でも約27メートルを観測した。那智勝浦町色川では午後5時半までの24時間で223ミリの雨が降った。

 太地町太地の太地漁港では、高潮の影響で荷さばき場のシャッターが曲がった。海に面した6カ所すべてで下部が波に押されてへこみ、隙間が生じて完全に閉まらなくなった。その影響で施設内にあった電動リフトが海水につかり、動かなくなった。町漁協の職員は「波が運んだ流木がシャッターにぶつかったことはあったが、全面が被害に遭うなんて」と驚いていた。

 串本町古座の動鳴気(どめき)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら