[PR]

まつばら・さとる 郵政改革の旗振り役で、07~09年に郵便事業会社社外取締役

 日本郵政傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題で、顧客に不利益を与えた疑いのある契約が大量に見つかっている。悪質な不正営業がこれほど横行したのはなぜなのか。郵政問題に詳しい東洋大副学長の松原聡さんに聞いた。

     ◇

――かんぽ生命の不正販売が広範囲に及びました。

 保険を売る郵便局員には、モラルが高いはずの国家公務員の出身者が多い。彼らが高齢者をだまして不利な保険を多く売った事実はショックだ。深刻な事態で、簡単には説明がつかない。

――過大な営業目標があったと会社側は認めています。

 ノルマに追われる民間の生命保…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら