東京五輪射撃銅メダリストの吉川貴久さん死去 83歳

 吉川貴久さん(よしかわ・よしひさ=東京五輪射撃銅メダリスト)が12日、心不全で死去した。83歳。葬儀は14日午前11時から福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場で。喪主は妻清子さん。

 福岡県出身で、1960年のローマ五輪、64年の東京五輪のフリーピストルで銅メダルを獲得。県警警察官として八幡西署長などを歴任した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント