[PR]

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県・房総半島南部は12日、再び強い雨と風に見舞われた。

 館山市布良地区の富崎港では12日午前10時ごろに防波堤の高さに達するほどだった波が、昼ごろになると防波堤を越えて波止場まで打ち付けていた。電線は強風で大きく揺れ、台風15号で飛ばされた屋根の補修用ブルーシートが飛ばされたり、瓦が落ちたりする住宅もあった。

 館山市、南房総市、鋸南町の避難所には続々と住民が詰めかけ、入場を断られる避難者もいた。各市町は急きょ新たな避難所を設けて対応した。館山市では午前8時に773人だった避難者数が午後3時過ぎには1850人を超えた。

 鋸南町では町が開設した六つの避難所が12日午前に軒並み満員状態となり、中学校を避難所として開設。避難所となっている鋸南小学校は体育館だけでなく、隣接する幼稚園や学童保育所でも受け入れることにした。

 鋸南町竜島地区では自主避難所として想定していた区民会館が台風15号で損壊し、使用不能に。菊間幸一・竜島区長(63)の要請を受けた極楽寺が本堂などを避難所として開放した。12日午前には約100人が身を寄せ、住職の伊藤尚徳さん(40)は「初めての経験だが、できる限り受け入れたい」。

 ただ、寺は海岸まで数百メートル。昼前には、町に高潮警報が発令されたという連絡が入り、菊間区長と伊藤さんは「高台にある鋸南中学校が先ほど避難所に加わった。移動手段は用意できませんが、高潮が心配な人は個人の判断で移動してください」とも呼びかけた。

 南房総市千倉地区で避難所の福祉施設に11日から身を寄せ、ロビーに毛布を敷いて座っていた60代の女性は「午後になってヒューヒューと聞いたことのない風の音が響くようになった。15号よりもさらに大きな台風で、高潮もある。いったいどうなってしまうのか」と不安を募らせた。母と妻と避難した会社員の男性(61)は「だんだん風がきつくなってきた。前回の台風で家が傷んでいるので、追い打ちをかけるようだ」と嘆いた。

 南房総市白浜地区の海沿いで居酒屋を営む真田小春さん(72)は「高潮で家がどうなってしまうのか、想像もできない」。台風15号で店は大きな被害がなかったが、今回は危機感を感じ、入り口に土囊(どのう)を積み、ガラスに養生テープを貼ってきたという。「もう祈るしかない。昨年亡くなった夫に守ってくださいと手を合わせるばかりです」(今泉奏、熊井洋美)