[PR]

 台風19号による大雨の影響で各地のダムでは貯水量が急激に増え、決壊で下流に深刻な被害が及ぶことを防ぐため、放流を検討。放流後は下流の水位が急上昇する恐れがあり、警戒を呼びかけた。

 神奈川県は、相模川上流の城山ダム(相模原市緑区)で、12日午後9時半から緊急放流を始めた。県は「危険な状況になった」と判断した。

 国土交通省関東地方整備局は13日午前1時ごろにかけて、管内五つのダムで緊急放流を実施する可能性があると発表。荒川の二瀬ダム(埼玉県秩父市)、渡良瀬川の草木ダム(群馬県みどり市)、いずれも鬼怒川にある川俣ダム(栃木県日光市)や川治ダム(同)、神流川(かんながわ)の下久保ダム(埼玉県神川町など)で、緊急放流の約3時間前には放流時間を発表するとした。

 東京都は多摩川の上流にある小河内(おごうち)ダム(奥多摩町)で、放流量を当初の想定よりも増やして対応した。

 ダムの緊急放流をめぐっては、昨年の西日本豪雨の際、愛媛県のダムで緊急放流があった後、下流で河川氾濫(はんらん)が発生。浸水が広がり、9人が死亡している。