[PR]

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催中のF1日本グランプリは13日、台風19号の影響で順延された公式予選と、決勝があった。昨年より8千人多い8万9千人が観戦。ホンダファンの期待を集めたレッドブルのエース、マックス・フェルスタッペン選手が接触事故でリタイアする波乱の展開だったが、ホンダがパワーユニットを供給する2チームの、残る3選手への声援は途切れなかった。

 レッドブルは、アレクサンダー・アルボン選手が今季最高の4位、もう1チームのトロロッソはピエール・ガスリー選手が8位でダニール・クビアト選手が12位。表彰台こそ逃したが健闘ぶりも見せた。

 観客席は、両チームの猛牛の絵柄を合わせた青い旗が目立った。特に、第2コーナー寄りのホンダ応援席と市民応援席は真っ青。両チームの選手が通ると観客席が大きく揺れた。

 小学生の兄弟と妻との家族4人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら