[PR]

 各地で大雨被害をもたらした台風19号は13日午前、福島付近から太平洋上へ抜けた。計13都県に出た大雨特別警報は同日午前8時40分までにすべて解除された。台風が通過した関東や東海、東北を中心に記録的大雨となり、気象庁は引き続き、土砂災害や河川の増水、氾濫(はんらん)などへの警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風19号は13日午前8時現在、三陸沖を日本の東へ進み、13日夕方までには、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込み。北海道では13日夕方にかけて、潮位が高くなり、高潮や高波に注意が必要となる。

 12日午後7時前に静岡・伊豆半島に上陸した台風19号の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。その後、勢力をやや弱める一方、速度を速めて北上した。

 台風19号で、48時間雨量は神奈川県箱根町で1001・0ミリ、静岡県伊豆市で760・0ミリ、埼玉県秩父市で687・0ミリを記録。それぞれ年間降雨量の平均値の3~4割に達し、観測史上1位を更新した。日最大風速でも東京大田区羽田で34・8メートルを観測し、記録を更新した。