[PR]

 8月の柔道の世界選手権で優勝した大野将平さん(27)と丸山城志郎さん(26)の祝賀会が13日、奈良県天理市三島町の天理教教会本部で開かれ、約700人が祝った。

 大野さん、丸山さんはともに天理大柔道部出身。同部OBらによる天理柔道会が開いた。大野さんはあいさつで「柔道界の圧倒的存在から、絶対的な存在になれるように全身全霊で日々努力したい」。会では約300kgの牛肉ですき焼きが振る舞われた。丸山さんは過去の大野さんの祝賀会に出席したときを振り返り、「いつか俺の祝賀会で(すきやきを)食べさせてやると思っていた」と話し、会場を沸かせた。

 世界選手権を制した2人は11月22日開幕のグランドスラム(GS)大阪で優勝すれば、東京五輪代表内定が濃厚となる。会見で丸山さんは「GSで早く代表を決めたい気持ちはあるが、勝ち続けることは難しい。アクシデントにも対応できる力を出せるよう、緻密(ちみつ)な準備が大切」と話した。大野さんは「一番いい準備をして畳に上がりたい。みなさんの期待を超える柔道をしたい」と語った。(平田瑛美)