[PR]

 大型の台風19号は岩手県沿岸を中心に記録的な大雨となり、13日未明には岩手で初の大雨特別警報が発表された。降り始めからの総雨量は最大で467ミリを記録。各地で土砂崩れや床上・床下浸水の被害があり、1人が死亡、4人が重軽傷を負った。盛岡地方気象台によると、今後1週間は大きく天気が崩れる見込みはないが、大雨で地盤が緩み河川が増水しているため、引き続き土砂災害や河川の氾濫(はんらん)への注意を呼びかけている。

裏山崩れ民宿に土砂 釜石

 市内全域に避難指示が出た釜石市。釜石大槌地区行政事務組合消防本部によると、13日午前1時ごろ、同市片岸町の民宿「室浜の宿」の裏山が崩れ、土砂に巻き込まれた管理人の50代男性が肋骨(ろっこつ)を骨折した。

 釜石開催のラグビー・ワールドカップのため6人が宿泊予定だったが、台風でキャンセルとなっていたという。菊池寛一社長(72)は「お客さんがいなかったのが不幸中の幸い。土砂が壁を壊すとは……」とぼうぜんとしていた。

 福祉避難所3カ所を含む市内1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら