[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、台風19号の影響で開催が危ぶまれていた13日の日本―スコットランド戦(横浜)が予定通り午後7時45分キックオフで実施されることが決まり、スコットランド協会は公式ツイッターで「準備に関わる全ての皆さんに感謝したい。そして、日本で台風の影響を受けた皆さんの無事を願いたい」とメッセージを発信した。

 同協会の最高責任者、マーク・ドッドソン氏は登録メンバーが発表された11日に「中止はやめてほしい。24時間遅らせてもやってほしい。会場はどこでも、無観客でも構わない」と訴えた。それに対し大会を主催するワールドラグビーは、同協会も中止になったら引き分け扱いになるという大会規則に同意していたと指摘し、「コメントにがっかりしている」と声明を発表していた。

 英メディアによると、同協会は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら