[PR]

 「イノシシが海から上陸しました」。13日午前9時25分ごろ、高松港の護岸を揚がってくるイノシシを通行人が見つけ、高松北署に通報した。

 イノシシはJR高松駅方面に進み、オフィスなどが入るビルの前で、歩いていた市内の女性(84)に体当たり。腕や太ももにけがをさせた。

 駆けつけた約15人の署員が追い回したところ、上陸地点から南約800メートルの高松駅に正面から進入。午前10時ごろ、改札前の広場で、網やさすまたを使って取り押さえた。市の職員がその場で殺処分した。

 署によると、イノシシは体長約1メートル。駅で目撃した市内の男性会社員(58)は、「びっくりした。東京から転勤してきたが、こんなことはなかった」と話した。

 8日には東に約4キロ離れた同市屋島西町で、イノシシが親子の乗った自転車と衝突する事故があり、警察と市が行方を追っていた。(木下広大)