[PR]

 東京消防庁は13日、福島県いわき市で、台風19号に伴う救助活動で搬送予定だった女性をヘリに収容する際、誤って高さ約40メートルから転落させたと発表した。女性は当初意識があったが、転落後に心肺停止の状態となり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 同庁によると、13日午前10時ごろ、いわき市平地区で、浸水が約50センチある自宅の玄関先で夫とともに孤立していた女性(77)をヘリに収容しようとしたが、女性を支えるハーネス(安全ベルト)のフックをヘリのワイヤに付け忘れたまま隊員が抱えて引き上げ、ヘリの中にいた別の隊員に引き渡す際に落下させてしまったという。女性は水面に転落し、全身を強く打ったとみられるという。

 救助は、本来は2人でハーネスの取り付け役と確認役とを分担する。今回は浸水で足場が悪く、隊員1人で女性を引き上げるなどしたため、確認を怠った可能性があるという。

 同庁は会見で女性の家族に謝罪し、「再発防止に全力を尽くす」として経緯を説明した。