[PR]

 プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第4戦(メットライフドーム)で、ソフトバンクの今宮健太(28)がCS史上最多を更新する1試合3本塁打を記録した。三回にソロ、六、九回にともに2点本塁打を放った。パ・リーグの前後期制を含むプレーオフ、セ、パ両リーグのCSを含め、これまでは2本塁打が最多だった。

 日本シリーズでは2015年、ヤクルトの山田哲人が神宮球場で行われたソフトバンクとの第3戦で史上初の3本塁打を放っている。

クライマックスシリーズの1試合2本塁打

1973年

住友 平(急)  第2戦 南海―阪急

門田 博(南)  第2戦 南海―阪急

ジョーンズ(南) 第3戦 南海―阪急

82年

テリー(西)   第4戦 西武―日本ハム

2004年

フェルナンデス(西) 第1S第1戦 西武―日本ハム

フェルナンデス(西) 第2S第3戦 ダイエー―西武

05年

ズレータ(ソ)  第2S第4戦 ソフトバンク―ロッテ

07年

里崎 智也(ロ) 第2S第2戦 日本ハム―ロッテ

08年

中島 裕之(西) 第2S第1戦 西武―日本ハム

鳥谷 敬 (神) 第1S第2戦 阪神―中日

小笠原道大(巨) 第2S第2戦 巨人―中日

14年

陽 岱鋼(日)  最終S第3戦 ソフトバンク―日本ハム

16年

デスパイネ(ロ) 第1S第1戦 ソフトバンク―ロッテ

17年

筒香 嘉智(D) 最終S第5戦 広島―DeNA

18年

デスパイネ(ソ) 第1S第3戦 ソフトバンク―日本ハム

(パ・リーグの前後期制のプレーオフ、プレーオフ含む)