福山雅治50歳「気持ちはしつこくなるが体力続かない」

有料記事

神宮桃子
[PR]

 舞台は東京、パリ、ニューヨーク。映画「マチネの終わりに」は、福山雅治が演じるクラシックギタリストと、石田ゆり子演じる海外在住のジャーナリストの純愛物語だ。と聞けば、とにかく美しい作品だと想像できるだろう。

 2人は出会った瞬間からひかれあうが、思わぬ障害が別々の道に進ませる。3度しか会っていないのに、互いをずっと思っている。こんな愛のかたちが、実際にあるだろうか。「なかなかないと思いますよ、現実的には」と福山は正直に答える。でも。「しこりの残った過去の恋愛で、多くの人が後悔とともに忘れられない人がいるはず。設定は特殊かもしれないけど、そこから続く物語としては、誰もに共感してもらえるんじゃないかな」

 むしろ、この美しい設定も…

この記事は有料記事です。残り1580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!