[PR]

 廿日市市長選は20日、投開票され、前市議の松本太郎氏(50)が元副市長の川本達志氏(62)を破り、初当選した。当日の有権者数は9万6803人。投票率は44・66%(前回48・70%)だった。

 現職の真野勝弘氏(76)が引退を表明。真野氏から後継指名を受けた松本氏は現市政の継承と発展を訴え、接戦を制した。当選を受けて支持者らと万歳し、「今、評価が高まっている廿日市の歴史を止めるわけにはいかない。この選挙が廿日市(市民)11万人全員の勝利だったと言われる市政をしていく」と意気込んだ。

 廿日市市の人口は4年連続で転入超過となり、山林の開発など大型事業も進めている。松本氏は選挙戦で「ベッドタウンからホームタウンへ」をキャッチフレーズに掲げ、将来の人口減に対応するため、「広島市への経済的依存を減らす」と訴えた。具体的には、市中心部の再開発で人やインフラを集めて税収を増やすと主張した。

 観光客が増えている宮島の整備…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら