[PR]

 JR九州は13日、台風19号を理由に切符を払い戻した客から誤って手数料を徴収した、と発表した。本来は手数料無しで払い戻すはずだったが、一部の駅では誤って通常通りの手数料をとっており、誤徴収額は最大で計7万1260円になる可能性があるという。

 誤徴収したのは、11日午後3時40分~12日夜に長崎駅、佐世保駅、有田駅、鹿児島中央駅の4駅で払い戻した切符。JR九州は、11~14日を有効期間に含む乗車券などについては、台風19号の影響との申告があれば無料で払い戻すとホームページなどで告知していた。しかし、一部の駅で周知されず、九州内の切符は対象外と判断して、通常の手数料をとっていたという。

 12日夕、長崎駅で払い戻した客が気付いて発覚した。JRが2日間の全駅の払い戻し記録を調べたところ、この4駅で扱った173枚で、誤った対応をした可能性があることがわかったという。申し出があれば手数料を返金するとしており、「払い戻した駅に問い合わせてほしい」と呼びかけている。