[PR]

 中日本高速道路は13日夜、通行止めとなっている中央道の八王子ジャンクション(JCT)―大月インターチェンジ(IC)間の上下線について、開通まで数日以上を要すると明らかにした。

 同社によると、上り線の小仏トンネル(東京都・神奈川県)の出口付近で土砂崩れがあり、トンネルの内外に土砂が積もっているほか、相模湖バス停(神奈川県)の西側でものり面が崩落し、道路が上下線とも土砂で埋まったという。

 東京都内の圏央道でも、八王子JCT―あきる野ICの外回り線が土砂崩れのため通行止めとなり、高尾山IC料金所も閉鎖している。復旧まで1~2日かかる可能性があるという。

 このほか、神奈川県の西湘バイパスは上下線とも全線が通行止めとなっており、復旧のめどは立っていない。防護柵やガードレールが数十カ所で破損しているほか、西湘パーキングエリアの売店や食堂に波が打ちつけて、ガラス窓などが破損しているという。