[PR]

 トルコ軍がシリア北部で少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)への軍事攻撃を強めるなか、エスパー米国防長官は13日、米CBSテレビなどに出演し、トランプ大統領がシリア北部の米軍約1千人の撤退開始を指示したことを明らかにした。

 エスパー氏は12日夜にトランプ氏とこの問題を協議したことを明らかにした。シリア駐留米軍の大半が対象になるが、エスパー氏は「シリア全土からの撤退か」という質問に「シリア北部からだ」と述べ、国外への撤退かどうかは明確にしなかった。時期については、「できるだけ早く安全に行いたい」と語った。

 トランプ政権は6日、トルコの軍事作戦を事実上黙認する声明を出し、シリア北部のトルコ軍の作戦地域から約50人の米軍部隊を撤退させたと発表した。

 米国防総省によると、シリア北…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら