[PR]

台風19号支援通信

 長野県内の広い範囲で、停電が19日まで続きそうだ。中部電力によると、長野県内では14日午前5時現在、長野市や軽井沢町などで約3万4730戸が停電。中部電力は14日、千曲川の氾濫(はんらん)地域をのぞいて19日までに復旧する見通しを発表した。

 安曇野市や松本市は14日中に解消する見込み。伊那市、大町市、岡谷市、辰野町、中川村、池田町、生坂村は15日まで。そのほかの飯山市、上田市、小布施町、高山村、飯綱町、小川村、信濃町、軽井沢町、立科町、御代田町、小諸市、佐久市、野沢温泉村、栄村、須坂市、青木村、長和町、茅野市、東御市、長野市、坂城町、川上村、北相木村、小海町、佐久穂町、南相木村、南牧村は19日までに解消の見通しとしている。倒木や土砂崩れなどのため、復旧に時間がかかりそうだという。

 長野市穂保で千曲川の堤防が決壊し、浸水した地域については、一軒一軒確認をして漏電の危険がないか確認した上で通電する必要があるため、さらに時間がかかる見通しだ。