[PR]

 台風19号による大雨被害を受けた関東や東北、中部地方などの被災地では、14日も夕方にかけて雨が予想されている。記録的な大雨で地盤が緩んでいる地域は少量の雨でも土砂災害の危険があり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 千曲川の堤防が決壊した長野県では14日正午現在で広い範囲で雨が降り、気象庁は北部で大雨・洪水警報、中部でも洪水警報を発表している。14日正午からの24時間降水量は、多いところで北部40ミリ、中部と南部で30ミリの見込み。

 川越市などで浸水被害が出た埼玉県では、14日夕方から夜遅くまで広い範囲で雨が降り、大雨警報が15日明け方まで、洪水警報も14日夜遅くまで出ている。14日正午からの24時間降水量は、多いところで北部、南部、秩父地方ともに25ミリと予測されている。

 栃木県と群馬県の南部では、14日夕方から夜遅くにかけて広い範囲で雨が降り、気象庁は大雨警報を発表する可能性があるとしている。茨城県でも河川の増水に警戒を呼びかけている。神奈川県では、14日夜遅くまで土砂災害に、夕方まで強風に注意が必要で、大雨警報を発表する可能性があるという。

 東京都では、14日夜遅くにかけて広い範囲で雨が降る。伊豆諸島では雷を伴う場所もあると予想される。14日正午からの24時間降水量は、多いところで東京地方20ミリ、伊豆諸島北部30ミリ、伊豆諸島南部50ミリの見込みだ。山梨県でも14日夜遅くまで土砂災害の恐れがある。静岡県でも14日夜までは土砂災害への警戒が必要とされる。

 東北地方は14日はおおむね曇りや晴れだが、南部を中心に雨の降る所も多い。岩手県では、沿岸北部・沿岸南部で14日夜遅くまで土砂災害や高波に、宮城県東部では河川の増水や氾濫(はんらん)の恐れがある。福島県でも洪水や土砂災害、高波に注意が必要だ。