[PR]

 来年2月2日投開票の京都市長選に、京都市議で地域政党「京都党」代表の村山祥栄氏(41)が立候補する意向を固めたことがわかった。京都党を離党し、無所属で立候補する見通しだ。近く正式に発表する。

 京都市長選に立候補する動きが明らかになるのは村山氏が初めて。3期目の現職、門川大作氏(68)は態度を表明していない。共産党は市民団体と連携して候補者を選ぶ方針。日本維新の会は候補者を公募している。

 村山氏は京都市出身で、2003年に京都市議に初当選して現在5期目。08年に京都市長選に立候補し、門川氏に敗れている。(大貫聡子)