【動画】台風19号で氾濫した長野県の千曲川流域=14日、堀英治撮影
[PR]

 14日夕方までの朝日新聞の集計によると、東日本を中心に各地で大雨被害をもたらした台風19号で、少なくとも54人が死亡、16人が行方不明となっている。浸水が広範囲に及ぶなか、各地で捜索活動が続けられており、被害はさらに広がる可能性がある。

 この台風の影響で14日、福島県で11人、宮城県で4人の死亡が新たに確認された。13日までの集計と合わせると、死者数は福島県で16人、宮城県で10人、群馬県と栃木県でそれぞれ4人に上っている。川崎市の沖合で12日夜、パナマ船籍の貨物船が沈没し、7人が亡くなったことも台風19号の影響の可能性があるとされ、神奈川県内の死者数は計12人となった。

 ほかに、神奈川県で5人、長野県で4人、福島県で3人などが行方不明となっている。

 千曲川の堤防が決壊した長野県では、7435人が避難所に避難している。福島県で1390人、宮城県でも883人が避難しており、13都県で計1万1243人が避難生活を続けている。

 国土交通省によると、長野県や茨城県など37河川で堤防が決壊するなど、各地で川の水が市街地に流れ込んだ。床上浸水は確認できているだけで計5554棟に上り、計7478棟で床下浸水した。

 14日は東日本の広い範囲で雨となった。これまでの大雨で地盤が緩んでいるところも多く、気象庁は土砂災害や河川の増水に警戒を呼びかけている。

 経済産業省によると、14日午後3時時点で、13都県で計約7万8千戸で停電が続いている。このうち千葉県で約3万1千戸が停電しているほか、長野県でも約2万6千戸が停電している。