[PR]

 日本テレビ系で13日夜に生中継されたラグビーワールドカップ(W杯)の日本対スコットランド戦(午後7時30分~同9時54分)の平均視聴率は、関東地区で39・2%、関西地区で37・2%、北部九州地区で33・8%、名古屋地区で39・1%だった。ビデオリサーチの調べでわかった。

 瞬間最高視聴率は午後9時41分の試合終了の場面で、関東地区53・7%、関西地区52・2%、北部九州地区48・0%、名古屋地区52・9%をそれぞれ記録した。