米の歌姫、ズボンなしのアオザイ姿 ベトナムで批判の的

有料会員記事

ハノイ=鈴木暁子
[PR]

 今年のグラミー賞で年間最優秀アルバム賞など4部門で受賞し、日本でも人気の米国人歌手ケイシー・マスグレイヴスさんが、ベトナム民族衣装アオザイの「あり得ない」着こなしをしたとして、ベトナムで批判の的になっている。

 アオザイは体にフィットする上着と、ゆったりとした長ズボンからなる衣装。だが、マスグレイヴスさんは10日夜、テキサス州でのコンサートで黄色いアオザイの上着だけを身につけ、足をあらわにして出演。自身のインスタグラムでも、上着だけを身につけてポーズをとった写真を公開した。

 これにベトナムの人々は大反発。マスグレイヴスさんのインスタグラムやフェイスブックにはベトナム人とみられる名前の投稿者から、「ベトナムの文化と国民への侮辱だ」「下品」「ベトナムはあなたを嫌います」「誰かズボンをはくよう言ってあげて」などのコメントが相次いでいる。

 アジアの伝統衣装をめぐって…

この記事は有料会員記事です。残り137文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら