[PR]

 菅義偉官房長官は15日午前の閣議後会見で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮漁船の衝突事故をめぐり、北朝鮮側が日本政府に賠償と再発防止策を求めたことについて「まったく受けられない」と述べた。北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮側に抗議したという。

 事故は日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)で発生し、漁船が衝突後に沈没した。北朝鮮外務省の報道官は、北朝鮮の水域で通常航行していた漁船を日本の取締船が沈没させたと主張。日本の政府や報道が、漁船が取り締まりに応じず急旋回したため衝突したと世論を誤った方向に導いていると訴えた。

 日本政府は、事故現場の様子を撮影した動画を公開する方針で、水産庁が編集作業を進めている。