[PR]

 名古屋市中区の「栄町ビル」に入る10軒のテナントに対し、ビルを所有する丸栄が、建物の明け渡しを求めて名古屋地裁に提訴した。テナント側はいずれも請求の棄却を求め、争う姿勢を示している。

 栄町ビルは地上15階、地下4階の商業ビル。丸栄の親会社の興和(同区)は、栄町ビルと、昨年6月に閉店した百貨店「丸栄」の跡地などとの一体開発を目指している。

 訴状によると、テナントは書店や飲食店などとして、丸栄と賃貸借契約を結んだ事業者。いずれも、丸栄が契約の更新をしないと通知したり、契約が満了したと伝えたりした、としている。

 丸栄側は、ビルは築54年以上…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら