[PR]

 名古屋競馬(名古屋市港区)で15日、新人騎手の浅野皓大さん(18)がデビューした。主催する愛知県競馬組合によると、新人のデビューは加藤聡一騎手以来、3年半ぶりという。

 浅野騎手は岐阜県羽島市出身。父親が競馬好きで、よく競馬場につれて行ってもらい、騎手の姿にあこがれたのがきっかけ。身長166センチ、体重47キロ。目標は武豊騎手で、「長身を生かしたレースをしたい」と話す。

 デビュー戦は15日の第5レース。2番人気のフラックインハート(牡(おす)3歳)に騎乗し、好スタートから先頭集団を進んだが惜しくも2着だった。

 セレモニーで浅野騎手は「自分の技術をもっと磨き、新人らしくたくさん騎乗して結果を残したい。応援、よろしくお願いします」とあいさつした。(松永佳伸)