天皇陛下の即位に関する22日の行事について、菅義偉官房長官は15日の会見で、予定通り行う考えを示した。台風19号による影響を問われ、「即位礼正殿の儀や祝賀御列の儀などの準備については淡々と進めていきたい」と述べた。

 また、宮内庁は15日、天皇、皇后両陛下の被災者へのお見舞いと、災害対策に関わる人たちへのねぎらいの気持ちを明らかにした。両陛下は同日、皇居・宮殿で「即位礼正殿の儀」のリハーサルに臨んだ。