[PR]

 台風19号で大きな被害を受けたばかりの長野市に佐賀から向かい、医療支援活動をした医師団が15日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に現地の様子を報告した。

 被災地入りしたのは、佐賀市のNPO法人「アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A―PADジャパン)」が結成した、佐賀空港を拠点に専用プロペラ機で活動する「空飛ぶ医師団」。今回は佐賀大医学部付属病院高度救命救急センターの朝日美穂さん(32)と松岡綾華さん(31)の医師2人と、A―PADジャパンのスタッフ1人が参加した。

 医師団は台風が上陸した翌13日に富山空港へ飛び立ち、富山からはヘリと車で移動。千曲川の決壊により、停電に加えて断水した長野市内の医療機関に入った。15日まで高齢の患者の転院や、避難所での医療活動に携わったという。

 朝日さんは「水も引かず、道路…

この記事は有料会員記事です。残り146文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。