[PR]

 台風19号の被害は県内でも広範囲に及び、11の河川で堤防が決壊し、住家の浸水被害は9千軒を超えた。7市の避難所には依然として約200人が身を寄せている。那須烏山市など県内4市町では計4400戸以上で断水が続いており、一部地域では復旧に1週間以上かかると見込まれている。

 県によると、最も断水が多いのは那須烏山市で約4千戸。鹿沼市でも約400戸。栃木市では最大1500戸で断水したが15日にすべて復旧した。

 取水場や浄水場が冠水したり、土砂に覆われたりしたため、ポンプや機械が故障して水を送り出せなくなったという。佐野市では水道管が橋ごと流されるなどして約40戸で断水。那須町は38戸で水道が使えないが地下水が利用できる。

 那須烏山市では、那珂川のほと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら