[PR]

 不特定多数の人に素早く情報を拡散できる一方で、炎上のリスクも抱えるSNS。最近では欧州のプロサッカークラブが対策として「通報アプリ」を使用し始めた。選手や関係者のSNSを監視する動きが本格化している。

 ポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナルドは、ツイッターで一度つぶやくだけでリツイートが10万回を超えることもある。いまやスポーツ選手とSNSの関係は切り離せない。

 マーケティングに役立つ一方で、発言が炎上すれば、もろ刃の剣となりかねない。こうしたリスクを減らそうと動いた会社が、「ノイズフィード(Noisefeed)」(イタリア)だ。

 同社は、欧州を中心としたプロ…

この記事は有料会員記事です。残り1387文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら