[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックや大会後を見すえ、解決したい課題や取り組みたい活動を聞きました。

大同生命保険・永野美穂選手

 来年の東京パラリンピックでアーチェリーでの出場をめざし、練習に励んでいます。

 もともとスポーツが大好きでしたが、20歳前に原因不明の病気になり、左手が動かせなくなりました。当時は、夢ややりたいことも全部あきらめないといけないと思っていました。その後就職し、職場になじむと、体を動かしたいと考えるようになりました。

 アーチェリーを始めたのは、そのころ訪れた体育施設で、見学してみないかと誘われたのがきっかけです。驚きました。アーチェリーは両手を使って弓を引くものと思っていたからです。海外では口で引いている人がいると聞いて、練習を始め、やがて国内外の試合に出るようになりました。

 試合や記録会への出場を重ね、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら