[PR]

 信用金庫職員を装って男性(87)からキャッシュカードをだまし取り、約140万円を出金したとして、京都府警は15日、愛知県岡崎市の高校3年の男子生徒(18)を詐欺と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。

 向日町署によると、逮捕容疑は7月3日、同府長岡京市の男性宅を訪れて銀行と信金の計4枚のキャッシュカードをだまし取り、大阪府高槻市のATMで現金を引き出したというもの。男性宅にはこの日、信金職員をかたる男から「キャッシュカードの切り替えが必要」と電話があったという。

 男子生徒は7月に別の特殊詐欺事件で逮捕され、少年鑑別所に送られていた。