【動画】神輿を激しくぶつけ合う「神輿合わせ」=西岡臣撮影
[PR]

 「灘のけんか祭り」として知られる、松原八幡神社(兵庫県姫路市)の秋季例大祭の本宮が15日あった。

 締め込み姿の男たちが3基の神輿(みこし)を激しくぶつけ合う「神輿合わせ」は、神社から西に約1キロ離れた御旅山(おたびやま)のふもとの広場で行われた。「ドスン」という大きな音とともに土煙が上がると、広場を取り囲んだ大勢の見物客から、歓声と拍手が上がった。その後、豪華な装飾の「屋台」を複数寄せ合って力を比べる「練り合わせ」もあり、会場は熱気に包まれた。(西岡臣)