[PR]

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日に開かれる。指名が予想される注目の高校生選手を紹介する。

 好投手がそろう高校生の中で、2人の右腕が際立つ。最速163キロの直球を持つ佐々木朗希(ろうき、岩手・大船渡)と夏の甲子園準優勝の奥川恭伸(石川・星稜)。関心はすでに、1位指名で競合する球団数だ。

 素材で言えば、佐々木がナンバーワン。身長190センチ、体重86キロながら、まだ線は細く伸びしろがあり、スライダーやフォークといった変化球の質を見ても、球界屈指の投手になる可能性を秘める。育成に定評がある日本ハムが6月の時点で1位指名を公言しているが、故障のリスクやタフさの部分で懸念が残り、球団によって判断は割れそうだ。

 奥川は完成度の高さで評価を集める。最速154キロの球威だけではなく、制球力が抜群だ。4季連続で甲子園のマウンドを経験し、大舞台への慣れもある。

 2人に続く投手は、西純矢(岡山・創志学園)か。制球力にやや不安は残るが、最速は奥川に並ぶ154キロ。馬力では劣らない。野手では、石川昂弥(愛知・東邦)だ。U18(18歳以下)ワールドカップに出場した日本代表で4番を務めた右打者は、高校生が上のステージで苦しむ木製バットへの対応に関して全く問題なさそう。この4人は2位まで残らないだろう。

 上位指名が予想される打者では…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら