[PR]

 鳥海山の東のふもとにある由利本荘市鳥海町百宅(ももやけ)は、2028年度に鳥海ダムが完成すると水の底に沈む。その百宅の里をガイドの案内で歩く催しが10月にあった。小雨が降る中、47人が参加し、百宅の自然や歴史を体感した。

 10月12日午前10時、百宅防雪センターを出発。水田やソバ畑の向こうの山に霧がたなびき、ブナ林からカエルの合唱が聞こえた。

 舗装された道路を歩き始めてすぐ、三角屋根で古びた2階建ての建物が道路脇に見えた。「1963年に開校し、84年に廃校になった百宅小・中学校の校舎です」とガイドの池田克彦さん=山形県酒田市=が教えてくれた。三角屋根の体育館と満水のプールも道路沿いに並んでいた。

 最も多かった63年には216…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら