[PR]

 漫画資料などユニークな収蔵品で知られる川崎市市民ミュージアム(同市中原区)が、台風19号による被害で当面休館することになった。豪雨で作品の収蔵庫がある地下部分が水没。排水作業を進めているが、どのような被害が出ているか、関係者は心配している。

 同ミュージアムは1988年に開館した。川崎市に関する考古学や民俗学の資料だけでなく、国内の美術館では珍しい漫画や写真、映像などの近代メディアの資料を収集。江戸時代の浮世絵師・鳥山石燕(とりやませきえん)が描いた妖怪図「画図百鬼夜行」など貴重な資料がそろうことでも知られる。

 漫画資料の収集や企画展開催などの活動が評価され、2005年には手塚治虫文化賞の特別賞も受賞している。

 川崎市によると、雨水が大量に流れ込み、地下にある機械室、電気室、発電機室などが水没。15日夕方の時点で、館内の電気設備や空調が使用できなくなっている。地下に深さ2メートルほどの水が残り、ポンプ車による排水を続けている。

 水没した地下には作品の収蔵庫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら