[PR]

 サッカーの2020年欧州選手権予選が、ピッチの外での問題に揺れている。14日のブルガリア―イングランド戦ではイングランドの黒人選手に対する人種差別的なやじが横行。同日のフランス―トルコ戦では、トルコ選手が軍隊式の敬礼をし、政治的な行動だとして波紋を呼んでいる。

 またしても、イングランド代表が人種差別的行為に水を差された。敵地で行われたブルガリア戦。6―0で大勝したが、注目されたのはプレーではなく、観客席の行動だった。

 英BBCによると、前半からモンキーチャントという猿の鳴きまねなどの人種差別的やじが飛び交った。ナチスを連想させる敬礼も見られたという。チャントに気づいた選手がイングランド代表のサウスゲート監督に報告。その後、主審らにも情報が共有された。場内には警告のアナウンスが流れ、試合は2度中断した。一時は没収試合も検討されるほど異様な雰囲気だったという。

 イングランドは勝利した3月の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら