[PR]

 奈良県葛城市で追突事故を起こし、相手の運転手にけがを負わせたのに逃走したとして、奈良県警がソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプの銅メダリスト、平岡卓(たく)選手(23)を道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで事情聴取していたことが捜査関係者への取材でわかった。平岡選手は追突したことを認めているといい、県警はさらに捜査を進め、書類送検する方針。

 捜査関係者によると、平岡選手は9月29日午前9時55分ごろ、葛城市新庄の県道で乗用車を運転中、軽乗用車に追突した。運転していた女性(40)が胸などを打って軽傷を負ったのに救護せず、現場から逃げた疑いがある。

 軽乗用車は事故の弾みで歩道に乗り上げ、さらに軽乗用車がはねたコーンに接触するなどして4歳の男児のほか、39~49歳の女性2人と男性1人が軽傷を負ったという。

 平岡選手は葛城市に隣接する奈良県御所市の出身。2014年のソチ五輪では、スノーボードで日本勢初となる銅メダルを獲得した。昨年の平昌(ピョンチャン)五輪にも出場したが、13位で予選敗退した。