[PR]

いくた・まさはる 商船三井社長・会長をへて、03~07年に日本郵政公社総裁

 日本郵政傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題で、顧客に不利益を与えた疑いのある契約が大量に見つかっている。悪質な不正営業がこれほど横行したのはなぜなのか。郵政問題に詳しい元日本郵政公社総裁の生田正治さんに聞いた。

     ◇

――不適切販売問題をどう考えていますか。

 組織が持つ構造的な矛盾が背景にある。不正をなくす対症療法ももちろん大事だが、同時に根本治療にも取り組まないと、似た問題がまた別に起きかねない。

――なぜでしょうか。

 民営化の第一歩として日本郵政…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら