[PR]

 台風19号が接近していた12日昼から13日未明にかけて、国土交通省の河川の防災情報サイトでつながりにくい状態が続いていたとして、赤羽一嘉国交相は16日、参議院予算委員会で「国民のみなさまに心からおわび申し上げたい」と陳謝した。

 このサイトでは、観測所ごとの河川の水位の変化や雨量、河川の氾濫(はんらん)に関する情報の有無などを提供している。赤羽氏によると、これまでの最大アクセス数の1・6倍以上のアクセスがあり、通信回線の容量を超えたことが原因という。提供する情報を必要最小限にしぼって13日午前1時ごろに復旧したという。「システムの抜本的な改善を図って参りたい」と話した。