[PR]

 10日後の27日に山梨県笛吹市の笛吹川河川敷で開かれる予定だった「川中島合戦戦国絵巻」の開催は、台風19号の影響で中止に追い込まれた。増水で会場の整備が間に合わない、と判断された。

 武田信玄と上杉謙信の戦いを再現する催しで40回目。騎馬武者や兵士ら800人の参加者は、市外からも応募できる。市庁舎前に広がる笛吹川の河川敷が会場。史実に基づいたシナリオに合わせ、迫力ある合戦シーンが中州で繰り広げられる。観光客にも人気だ。

 しかし、会場近くの笛吹川の水位は、台風の通過した12日に最大1・97メートルとなり、氾濫(はんらん)注意水位の寸前に達したという。現在も水量が多く、中州は例年の半分ほどしか見えず、「合戦」スペースが確保できていない。

 この状態を受け、主催する市観…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら