[PR]

 精神疾患があったり、引きこもりがちだったりする小学4~6年生と、その家族を対象にしたフットボール教室の体験会が今月、金沢市東蚊爪町のフットサル場「ジョイナス金沢」で開かれる。18日も午後7時半からあり、主催者が参加者を募集している。

 フットサル場の管理・運営を手がける「ジョイナス」(金沢市)の上席執行役員、別宗(べっそう)利哉さん(38)が企画した。

 別宗さんは、障害者の就労移行支援事業などをしている「カラフル・金沢」(同)のGMも務めている。事業所で障害者や家族と接した経験から、「周囲との感じ方の違いに違和感を覚え始めるのが、小学校高学年ごろ」と話す。その後、反抗期にかけて家族との接点が減り、社会や学校からも心を閉ざして自分の部屋に閉じこもってしまうケースが多いという。

 そこで、小学校高学年の子ども…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら