[PR]

 台風19号の大雨で相模川上流部の城山ダム(相模原市緑区)の貯水量が限界に近づいたことから、ダム決壊を防ぐために神奈川県が12日夜から13日未明にかけて行った「緊急放流」(異常洪水時防災操作)をめぐり、県は16日の県議会で、実施に至るプロセスを説明した。県は雨などでダムに流れ込む水が大量になると予測。下流域の自治体にも連絡し、11日から予備的な放流を始めていた。

 県議会常任委員会での県の説明によると、県は10日から、緊急放流の可能性を下流域の相模原、平塚、茅ケ崎、厚木、海老名、座間、寒川、愛川の各市町に伝達。相模川流域の洪水ハザードマップで浸水エリアとされる地区の住民に避難を呼びかけるよう、これら市町に伝えたとしている。

 11日午後2時からは、ダムの水のうち水道用、農業用は確保しつつ、それを除く分について、大量の水の流入に備えて前もって貯水量を減らす「予備放流」を開始。12日午前までに、開閉ゲートから放流できる最下限近くまで水面を下げ、大量の水を受け入れられるよう容量に余裕を持たせたという。

 県が定める「城山ダム放流要領…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら