[PR]

 鳥取県大山町の大山寺参道入り口に20日、1日1組限定の「大山参道ホテル頂―ITADAKI―」がオープンする。滞在型としてキッチンや冷蔵庫、洗濯乾燥機なども設置。大山や周辺の良さを実感し、日常とは違う体験をしてもらおうという狙いだという。

 ホテルを運営するのは、大山観光局の子会社「さんどう」。代表でホテル事業担当の小谷英介さん(37)によると、これまでも外国人客などから、参道周辺の客室の種類についての問い合わせが寄せられていた。そこで、都会や外国人客の要望に応えた客室を用意し、大山や周辺の景観や温泉、食材などを実際に体験できる旅を考えた。

 ホテルは、大山寺参道の、1階に観光案内所がある「コモレビト」の4階。客室は約70平方メートルで、大型のベッド二つとソファなどがある。定員は1~4人だが、今後エキストラベッドなども用意する予定だ。料金は1組5万円(税別)。

 食事や温泉はなく、地元の食材…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら