[PR]

 県警地域課が運用する移動交番車が16日、県警本部でお披露目された。専属の警察官2人をつけ、各地を移動して交番の役割を果たしたり、交通安全講習をしたりする。

 ワンボックスカーで、後方に机や椅子が備えてあり、落とし物の届け出や相談など通常の交番業務ができる。災害時などには被災地で役立てたいという。車両はすでに使っていたもので、運用開始にあたって約40万円の予算でラッピングなどを施した。

 県警地域課の河光清次席は「街に警察官がいる安心感と、機動力を生かし、地域の安心安全を高めたい」と話した。「初仕事」は30日の予定で、午前10時半に金沢市八日市2丁目の押野公民館に登場する。

 移動交番車は千葉県警などが先行して活用しているという。(堀越理菜)