[PR]

 KDDI(au)は16日、スマートフォンの端末代金を最大3分の1割り引く販売プランを11月から始めると発表した。「最大半額」をうたって10月から始めたばかりの現プランが、総務省などから批判を受けたためわずか1カ月で中止して装いを改める。

 36カ月の分割払いでスマホを購入し、25カ月目以降に返すと残りの支払いが不要になる。新しいスマホへの買い替えは条件とせず、auと通信契約をした利用者のみに販売する。

 「最大半額」プランは他社の契約者にも販売するが、100日間は他社回線を使えない「SIMロック」がかかっており、総務省は「端末による囲い込み」と批判。さらに、2年間で約1万円の利用料が端末代以外にもかかるため、消費者庁は「最大半額」の広告が消費者に誤解を与える恐れがあると指摘していた。10月末で新規受け付けを停止する。