[PR]

 台風19号はひと月前、千葉県に大きな被害をもたらした台風15号の被害に苦しむ被災者に追い打ちをかけた。屋根に張ったブルーシートが飛ばされて雨が家に入り込み、再び起きた停電に苦しめられた。

 「もう取り壊すしかないかもしれない」

 鋸南町岩井袋の理容師渡君子さん(81)は、屋根に張ったブルーシートと重しの土囊(どのう)がずれて、雨漏りする自宅を見上げながらつぶやいた。

 ついこの間まで、家族6人で暮らしていた木造2階建ての家。約30年前、建てた時に梁(はり)に取り付けた木札は落ちた。「家の魂がもうなくなってしまったよう」

 9月9日の台風15号の強風で、屋根が飛ばされ、家の中まで雨が降り注いだ。屋根の全面にブルーシートを張り、暮らせる望みをつないだ今月12日夜、台風19号に襲われた。カビで黒ずんだ室内に再び雨が漏れ、家はさらに傷んだ。

 家のそばには、電気工の長男、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら