[PR]

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸やゲート前では16日、新基地建設に反対する市民らの監視活動や抗議が続いている。K8護岸では同日午前、土砂の搬入は確認されなかった。午後のゲート前の座りこみでは、市民ら約40人が、工事車両や警察官らに「生コンは(台風の)被災地に」「工事をしている場合ではない」などの声を上げた。(沖縄タイムス)